しんどみがすごい

タイトル通りなわけですが。

某Kさんのブログがくそつまらない。
結局のところ、彼女は自分をブスだとは思っていないんだろうし、なんなら自己愛に溢れた人だからなあ
別に「真のブスはこうであるべき!」とかがあるわけじゃないけど、顔の醜さっていうどうしようもないものによって自己嫌悪と自己愛に苛まれて、本当に死にたくなってる人捕まえて、「心が美しければ大丈夫!」って何ほざいてんだよっていう。
あなたが考えてる以上にこの世は歪で、ブスに人権なんてないんです。差別され、虐げられる側の人間なんです。わたしたちは。
顔が醜ければ、もうまともに接してはもらえない。どんなに良い人間だとしても、結局は顔のいい人たちにすべて持っていかれる。そういう体験をしてるんです、そんな人に「心を磨け」?舐めないでほしいものですね。
まあもちろん、わたしが被害妄想気味の自意識過剰女であることは間違いの無い事実で、本当は世界はもっと優しいのかもしれない。
でも差別された、と感じたことは忘れられないし、こわいことだよ。本当は顔も体もすべて隠して、精神だけで生きていきたいくらいに、わたしは顔の醜さで人から蔑まれてるし、対応を変えられたことがあるんです。
ま、こんな僻地のブログで言ってもしょうがないんだけど。本人に伝えてもきっと理解できないだろうからいいです。

こじらせ女子に関するブログを読んだ。
わたしも「女として生きる」ことが辛くて辛くてしょうがないから、同じ人がいるってことは救いになるね。
女の子扱いされない、っていうのはまあ昔からなんだけど、自分よりも女であろうという努力をしてない人がされてると、結構しんどいものがある。
女として生きたくないだけで、男になりたいわけじゃない。無性になりたい。
あーーーーしんどい。答えのない問を考えるのは嫌いだ。

たぶん私にとっての幸せって、本当は普通の女の子として恋愛して結婚して子供産んでってことなんだろうな。
それが出来ないから、その代わりに生きていく理由としてキャリアを積むってことにしてるだけ。普通の女の子として生きるよりも、仕事をする方が得意だから。
だから、わたしは何かを捨てて仕事するわけじゃないんだな、きっと。残ったのがそれしか無かった。
こりゃ自殺するな、将来。友達の結婚や出産に、耐えられる気がしない。もちろん、友達が幸せになることは喜ばしいし、私も嬉しい。でもその幸せをこんなにも渇望して手に入れられない自分もいる。そんなん耐えられる?自分の手にすることの出来ない幸せを間近で見せられて?まともな精神でいられる?ということで、死ぬ時は窒素を吸って死ぬことにします。窒素安いし。

結構精神的に辛い。漠然とした死にたいという気持ちが、私の中で大きくなっている。しにてー