死と乙女

ここ最近はマックスで落ちてる。ダメすぎる。生理前なんだろうけど、全然生理が来ないから気分が上がらなくてしんどいな。

土曜日は楽しいこと盛沢山だから元気出さなきゃ。

 

さて、あんまり言語化したくないんだけど、すっきりするにはこれしかないから書くか。

 

彼氏ができた。と思っていた。

わたしは付き合ってると思ってたし、そのことをとても喜ばしく思っていたよ。話すのも楽しかったし。

好きな人と付き合えるなんてことがわたしの人生で起こりうると思っていなかったから、すごくうれしかったよ。

でも君は違ったんだろうね。わたしのことなんて好きじゃなくて、何となく流されてしまっただけなんだろうね。

そりゃそうだよね、ブスだし性格も悪いし、抱き心地もさぞ悪かったことでしょう。ごめんね、もう自分じゃどうすることもできないんだよ。

だからってこんな終わり方ないじゃん。最後は「クソブスが調子乗ってんじゃねえぞ死ね」くらいのこと言ってもらわないと困るよ。

なんとなくフェードアウトすることで、自分を悪者にしないってやり方はずるい。あまりにもずるい。そういうのは、正しい人間関係じゃない。

でも君にとってわたしは正しい人間関係を築くほどの価値がなかったんだろうね。だから、どうでもいい捨て方ができるんだよ。わたしがそれでどれだけ傷つくか、想像しようとも思わなかったんでしょう。

わたしは一生あなたを許さないし、ずっと呪い続けます。死んだことにして、なんとかやり過ごそうと思ったけど無理です。一生幸せにならないように呪い続けます。

 

と、言語化したら少し落ち着いた。まあフェードアウトされるのも慣れたし、たぶんきっと大丈夫。大丈夫ってことにしないと、ぽっきりと折れた心を自覚してしまう。折れたことに気づかないふりをすれば、まだきっと生き続けられるはず。たぶん。

「自殺するか、整形するか」を迷っている。現実的なのは整形かなあ。でも顎削るの怖いしなあ。でも死ぬのも怖いね。

美しくなって、幸せになりたい。自分を愛してあげたい。

 

自己肯定感がない女はダメだっていうけど、ここまで落ちたらもう持つことなんてできないだろ。馬鹿か。

 

あと1時間やったら帰ろ。